お問い合わせ

BLOGブログ

2021.07.07

ドメインパワーとは?チェック方法と強化方法を紹介します!

ドメインパワーとは?チェック方法と強化方法を紹介します!
SEO対策について語るなら避けて通れないのが、「ドメインパワー」です。
ドメインパワーが強いと、新しく公開したコンテンツが早くインデックスされやすく、上位表示もされやすくなると言われています。

結論から言うと、質の高いコンテンツを定期的に公開していけば、ドメインパワーを強化させることができます。
今回はドメインパワーのチェック方法や強化方法を詳しくご紹介します。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、その名の通り「ドメインの力」のことです。
もう少し分かりやすく言うと、「検索エンジンからサイトがどれほど信頼されているか」を表すものです。

後述する「パワーランクチェックツール」、「MOZ」、「ahrefs」、「Rank Tracker」などのツールは、基本的にサイトの被リンクをもとにドメインパワーの数値を算出しています。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、被リンクの数や質、コンテンツの質や更新頻度など様々な要素で個別ページを評価すると同時に、サイト全体も評価しています。

検索エンジンがサイトを「信頼できる」と評価すれば、ドメインパワーが強くなり、SEOで有利になります。

では、どのようにドメインパワーがSEOで有利になるのでしょうか?次でご紹介します。

ドメインとSEOの関連性

ドメインの説明
GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、TLD(トップレベルドメイン)はSEOに直接関係しないと述べています。また、TLDと同様に2LD(セカンドレベルドメイン)、3LD(サードレベルドメイン)もSEOに直接関係しないと考えられています。

しかし、ユーザーの利便性を考えるとドメイン名を分かりやすいものに設定することが重要です。

例えばSEOについて紹介するサイトのドメインを設定する際、以下の2つだとどちらが適切でしょうか?
abcde.com
about-seo.com

前者のドメインはサイトがどのようなテーマなのか分かりませんが、後者は「SEOについて解説している」ということが一目で分かります。

したがって、サイトのキーワードやテーマに関連したドメインを設定した方がユーザービリティは高まると言えます。

ドメインを変更したらどうなる?

Googleのゲイリー・イリーズ氏は、ドメインを変更した場合、旧ドメインから新しいドメインにサイトの評価が引き継がれるまでに約2週間~3ヶ月かかると述べています。

ドメイン変更したら、一時的にサイトの評価が下がることを覚えておきましょう。
また、旧ドメインの評価を新しいドメインに引き継ぐために、必ずリダイレクト設定をしてください。

ドメインパワーがSEOで重要な理由

「ドメインパワーがSEOで重要」と言われるのは、以下のようなメリットがあるためです。

コンテンツが検索上位に表示されやすくなる

ドメインパワーが強いサイトは、コンテンツが検索上位に表示されやすくなります。ドメインパワーが強いと、検索エンジンから「このサイトは信頼できる」と評価されるので、「このコンテンツも信頼に値する内容だろう」と判断されるのです。

例えば、ドメインパワーの強いサイトと弱いサイトが同じ内容のコンテンツを公開した場合、ドメインパワーの強いサイトの方が検索上位に表示されやすくなります。

もちろんコンテンツの内容も大切ですが、ドメインパワーが強いとコンテンツが検索上位に表示されやすくなるのは大きなメリットですね。

検索エンジンに早くインデックスされやすくなる

検索エンジンのクローラーはドメインパワーの強いサイトを頻繫に巡回するため、新しく公開したコンテンツが早くインデックス(登録)されます。

検索エンジンにコンテンツがインデックスされるには、クローラーにサイトを巡回してもらう必要があります。

ドメインパワーの弱いサイトにはクローラーの巡回が少ないため、インデックスまでに時間がかかるケースが多いです。
しかし、ドメインパワーの強いサイトには高頻度でクローラーが訪れるため、コンテンツが検索結果に早く表示されることになります。

関連記事:SEOに大きく関係するクローラーとは?クローラビリティを向上させる方法も解説します

無料でドメインパワーをチェックする方法

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツール
パワーランクチェックツールはこちら

パワーランクチェックツールは、検索バーにドメインを入力するだけでドメインパワーを数値化してくれる無料ツールです。ドメインパワーについては株式会社アクセスジャパンの独自アルゴリズムで計測されています。

例えば、「www.yahoo.co.jp」のドメインパワーをチェックしたら以下のようになりました。

アカウント未登録の場合は1日1回まで、無料アカウント登録とメルマガ購読をすれば1日3回まで利用できます。

MOZ

MOZ
MOZはこちら

無料アカウント登録をすれば、MOZの「Link Explorer」でドメインパワーを意味する「ドメインオーソリティ」や被リンク数などをチェックできます。

例えば、「www.yahoo.co.jp」のドメインオーソリティをチェックしたら以下のようになりました。

有料でドメインパワーをチェックする方法

ahrefs

ahrefs
ahrefsはこちら

ahrefsの「Site Explorer」という有料ツールを使えば、自社サイトや競合サイトのドメインを検索バーに入力するだけで、被リンク数やドメインパワー、キーワードごとの順位などをチェックできます。

ドメインパワーは以下のように、「DR」の項目に数値で表示されます。

Rank Tracker

Rank Tracker
Rank Trackerはこちら

Rank Trackerは自社サイトや競合サイトのドメインパワーやキーワード順位などをチェックできる有料ツールです。

競合サイトと比較して結果を表示できるため競合分析にも役立ちますし、SEOに役立つ機能も実装されています。

ドメインパワーが0な場合は?

ドメインパワーが高まる要素は被リンクやコンテンツの数・質、運営期間など様々です。立ち上げたばかりのサイトはドメインパワーが0ですが、公開したコンテンツが検索結果に表示されなくなるわけではないため、特別問題はありません。

ただ、ドメインパワーが強い方が検索上位に表示されやすかったり、優先的にインデックスされたりするため、徐々にドメインパワーを高めていくように意識してください。

ドメインパワーが得られるまでの期間は?

ドメインパワーが得られるまでには一定期間かかります。
少なくとも、ドメインパワー強化の対策を行ってから3ヶ月は必要になるでしょう。

すぐにドメインパワーが得られるわけではありませんので、長いスパンで考えながらサイトを育てるようにしましょう。

ドメインパワーを高める方法

良質な被リンクを獲得する

ドメインパワーを高めるための基本的な対策は、良質な被リンクを獲得することです。
被リンクを多く獲得していれば、検索エンジンは「役立つサイト」と評価する傾向にあるため、ドメインパワーが高まります。

被リンク目的でサテライトサイトをつくっても、SEO効果は期待できません。
良質なサイトから被リンクを獲得できることが重要ですので、高品質なコンテンツをつくる、SNSを活用するなどの工夫をしましょう。

関連記事:サテライトサイトとは?今でもSEO効果があるか解説します!

サイトの運営期間を長くする

サイトの運営期間が長いほどSEOでの評価が高まり、ドメインパワーも上がる傾向があります。

しかし、ドメインを取得してから放置しているだけでは評価を得られないので注意してください。検索エンジンから高い評価を得られるのは、定期的に更新しながら長く運営してきたサイトです。

運営歴の浅いサイトはドメインパワーがつきにくいですが、定期的に更新し続けながら運営していけば、徐々にドメインパワーがついていきます。

コンテンツを増やす

サイトのテーマに関連するコンテンツが多いほど評価されやすくなります。
ユーザーが知りたい情報を網羅していればサイト全体の評価が上がり、ドメインパワーも高まるのです。

しかし、コンテンツを増やしたいからといって、サイトテーマと関連性が低いコンテンツを載せたり、質の悪いコンテンツを載せたりするのはNGです。
サイトテーマとの関連性が高く、高品質なコンテンツをつくって検索エンジンとユーザーに信頼されるサイトにしましょう。

コンテンツの質を上げる

質の高いコンテンツは検索エンジンから評価されやすいです。

検索エンジンはユーザーファーストを目指しているので、ユーザーにとって有益で質の高いコンテンツは高い評価を得られます。
コンテンツを作る際には、対策するキーワードからユーザーの検索意図を考えるようにしましょう。

関連記事:コンテンツSEOは競合分析が重要!調査すべき項目とツールを紹介

アクセス数を増やす

検索エンジンはアクセス数が多いサイトを高く評価するため、サイトへのアクセス数が多いほどドメインパワーは高まります。

アクセス数を増やすための方法には、以下のようなものがあります。ぜひ参考にしてください。

  • クリックされやすい魅力的なタイトルにする
  • タイトルやページ内にSEOキーワードを含める
  • 更新頻度を高くする
  • SNSで拡散する
  • モバイルフレンドリーなサイトにする
  • サイトの表示スピードを改善する

ドメインパワーを高めるときの注意点

ドメインパワーが得られるまでには一定期間がかかりますので、短期間でドメインパワーを強化させようとしてはいけません。
じっくり時間をかけて、ドメインパワーを高めていきましょう。

中古ドメインを購入する時の注意点

運営歴の長いサイトはドメインパワーが強い傾向があります。
そのため、既に運営歴があってドメインパワーの強い中古ドメインの購入を検討する方もいらっしゃることでしょう。

しかし、中古ドメインを購入すると良い評価だけでなく、悪い評価も引き継いでしまいます。
中古ドメインのなかにはペナルティを受けているものが販売されているリスクもあるため、細心の注意を払わなくてはいけません。

被リンクを集めるときの注意点

被リンクはドメインパワーを高める重要な要素ですが、関連性のないサイトや低品質なサイトからの被リンクは評価に繋がりません。
それどころか、ドメインパワーの強化や上位表示を狙うなどの意図的な被リンク獲得(リンクプログラム)はガイドライン違反になり、検索結果から削除される恐れがあります。

被リンクを販売している業者もいますが、上記のようなペナルティを受ける可能性があるので、質の高いコンテンツを作って自然に被リンクを獲得しましょう。

まとめ

今回はドメインパワーの概要やチェック方法、強化方法などをご紹介しました。

Googleはコンテンツを重視すると述べていますので、基本的にはユーザーファーストで高品質なコンテンツをつくることが大切です。

ドメインパワーは一朝一夕に高まることはないので、時間をかけて取り組むようにしてくださいね。

検索順位を左右するGoogleの検索アルゴリズムは、コンテンツの「質」を重視する傾向が強くなってきました。

キーワード選定から構成、ライティング方法を習得し、Googleに評価されるコンテンツを作りましょう。

流入数900%アップの実績もある弊社のコンテンツ作成ノウハウを、無料でご提供します。

無料で資料をダウンロード

最近の記事