スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

Google Search Consoleの計測方法の変更

img170817

特にSEOで使用するSearch Consoleのインプレッション数の計測方法が変更になりました。

今までは、オーガニックの下位で表示されているキーワードの表示回数については、詳細にカウントされていませんでしたが、変更後は、表示回数が少ないキーワードでもカウントされるようになっております。

ですので、基本的には、7月以降と7月より以前の表示回数は、キーワードの順位などが同じ状態であれば、大幅に増加していることになります。

クリック数についても、同様に下位のキーワードでもカウントされているはずですが、当社の計測では大きな変化はありません。下位で表示されたキーワードでは、あまりクリックされていないと想定されます。

関連記事

スマホサイトの読み込み速度をざっくり検証!

今月に入ってモバイルフレンドリーアップデートの強化が行われ、新しいモバイルフレンドリーテストツールがリリースされるなど、モバイルサイト(スマートホンサイト)に関する話題が尽きません。 そこで今回はスマートホンサイトの読み…

Google検索を便利にする検索演算子の使い方

Googleで検索する際に「検索演算子」と言われる記号や単語を使用して、より効率よく検索する方法があります。 今回はその検索演算子と使い方をご紹介します。 代表的な検索演算子 完全一致の単語・語句を検索する「&#8221…

Google「テストマイサイト」

GoogleのWEBサイト無料診断ツール「テストマイサイト」がリリースされました。 https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp URLを入力すれば、読み込み速度や推定の離脱率…

GoogleAnalyticsの「not provided」と「not set」とは?

特に最近、クライアントの担当者様に聞かれる質問に「『not provided』と『not set』ってどういう意味?」というものがあります。 「not provided」は、Google及びYahoo!の検索結果がSSL…

強調スニペット

強調スニペットとは、ユーザが特定のキーワードで検索した際に、特定のサイトのコンテンツの一部が強調されて表示されるGoogleの検索結果のことをいいます。 特に、あまり知られていない用語や商品・サービスの価格に関するキーワ…