スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

Google Optimize

GoogleOptimauze

Googleオプティマイズを積極的に使用する広告主が増えてきました。
そこで、今回のテーマは、Googleオプティマイズの導入フローです。

まず、アカウント発行まで下記の手続きが必要です。

1、アカウント登録
https://optimize.google.com/optimize/home/#/accounts

2、Google Analytics、もしくは、Google Tag Managerによるアカウント認証
タグに記載されているIDをGoogleオプティマイズの登録画面に入力して、登録するサイトの所有権を証明する必要があります。

次に、ABテストを開始するために、下記の設定を行う必要があります。

1、「Create experiment」でテストを行うエクスペリメントを作成します。
GoogleAdWordsでいうと、「キャンペーン」に該当するものです。キャンペーン名とテストの種類を登録します。
登録できるテストは3種類(A/B test、Maltivariate test、Redirect test)です。

■A/B test
ページ内の1箇所に複数のパターンを用意して検証する際に使用します。

■Maltivariate test
ページ内の複数個所に、複数のパターンを用意して検証する際に使用します。

■Redirect test
ページ(URL)を複数用意して検証する際に使用します。

A/B testとMaltivariate testは、section内にvariantを登録して設定します。

例えば、sectionに「グロバールナビ」、variantに「グロバールナビの各項目の順番を変更した各パターン」を登録するイメージです。

variantを登録する際にGoogle Chromeの拡張機能をインストールすれば、各パーツ(グローバルナビの各項目、キャンペーンバナーなど)をドラック&ドロップで配置変更などができるので、HTMLソースを書き換えるなどの作業は不要です。

2、タグの挿入
管理画面から発行されるタグをテストを実施するページに挿入します。
もちろんGTMも使用できます。

3、Google Chromeの拡張機能をインストール

4、Google Analyticsのビューをリンク設定
効果検証の基準がGoogle Analyticsの「目標」(コンバージョン)に設定した項目になるので、Google Analyticsをリンク設定する必要があります。

今までのABテストツールで必要だったHTMLソースの登録、書き換えなどが必要ないので、WEBサイトのABテストを行うハードルが下がりました。デメリットをあげるとすれば、2017年4月17日現在で、英語版しかないことくらいでしょうか。

関連記事

広告運用担当なら覚えておきたい!広告審査落ちのよくある事例 (LP編)

リスティング広告を担当していると、広告が審査に通らない。配信していた広告が審査に落ちて止まってしまった!と、悩んだことありませんか? 制作した広告文やバナー、LP(リンク先ページ)が審査に落ちて配信できない!媒体やクリエ…

広告運用担当なら覚えておきたい!広告審査落ちのよくある事例

リスティング広告を担当していると、広告が審査に通らない。配信していた広告が審査に落ちて止まってしまった!と、悩んだことありませんか? 制作した広告文やバナー、LP(リンク先ページ)が審査に落ちて配信できない!媒体やクリエ…

リスティング広告の基礎(指標の覚え方)

インターネット広告の勉強をする際まず初めに躓くのが、知識習得だと思います。CPCやCTR、CPA、思わず「日本語を喋れ」と言いたくなるような表記ばかりです。頭がパンクしかけそうになっても、あきらめないでください。上記のよ…

強調スニペット

強調スニペットとは、ユーザが特定のキーワードで検索した際に、特定のサイトのコンテンツの一部が強調されて表示されるGoogleの検索結果のことをいいます。 特に、あまり知られていない用語や商品・サービスの価格に関するキーワ…

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。 当社にもご相談が増えております。 そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。 まず、主要なメニュー一覧です。 CRITEO(Criteo…