スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

Google Optimize

GoogleOptimauze

Googleオプティマイズを積極的に使用する広告主が増えてきました。
そこで、今回のテーマは、Googleオプティマイズの導入フローです。

まず、アカウント発行まで下記の手続きが必要です。

1、アカウント登録
https://optimize.google.com/optimize/home/#/accounts

2、Google Analytics、もしくは、Google Tag Managerによるアカウント認証
タグに記載されているIDをGoogleオプティマイズの登録画面に入力して、登録するサイトの所有権を証明する必要があります。

次に、ABテストを開始するために、下記の設定を行う必要があります。

1、「Create experiment」でテストを行うエクスペリメントを作成します。
GoogleAdWordsでいうと、「キャンペーン」に該当するものです。キャンペーン名とテストの種類を登録します。
登録できるテストは3種類(A/B test、Maltivariate test、Redirect test)です。

■A/B test
ページ内の1箇所に複数のパターンを用意して検証する際に使用します。

■Maltivariate test
ページ内の複数個所に、複数のパターンを用意して検証する際に使用します。

■Redirect test
ページ(URL)を複数用意して検証する際に使用します。

A/B testとMaltivariate testは、section内にvariantを登録して設定します。

例えば、sectionに「グロバールナビ」、variantに「グロバールナビの各項目の順番を変更した各パターン」を登録するイメージです。

variantを登録する際にGoogle Chromeの拡張機能をインストールすれば、各パーツ(グローバルナビの各項目、キャンペーンバナーなど)をドラック&ドロップで配置変更などができるので、HTMLソースを書き換えるなどの作業は不要です。

2、タグの挿入
管理画面から発行されるタグをテストを実施するページに挿入します。
もちろんGTMも使用できます。

3、Google Chromeの拡張機能をインストール

4、Google Analyticsのビューをリンク設定
効果検証の基準がGoogle Analyticsの「目標」(コンバージョン)に設定した項目になるので、Google Analyticsをリンク設定する必要があります。

今までのABテストツールで必要だったHTMLソースの登録、書き換えなどが必要ないので、WEBサイトのABテストを行うハードルが下がりました。デメリットをあげるとすれば、2017年4月17日現在で、英語版しかないことくらいでしょうか。

関連記事

Googleショッピング広告

今回は、Googleショッピング広告の紹介です。 赤枠に表示されているのがショッピング広告です。 メリットとしては、 1、スマホでは、リスティング広告枠(青枠)の上に画像付きで表示されるため、CTRが高くなる傾向にありま…

コールアウト表示オプションとテキスト補足オプションでCTR大幅UP!

「あーどうしよう~、文字数オーバーだぁ」リスティング運用担当の方なら広告文を作る際にこの苦しみを何度も味わったことがあるかと思います。商材の特徴をもっと入れたいが限られた文字数では中々実現できません。そのような時にとても…

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。 当社にもご相談が増えております。 そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。 まず、主要なメニュー一覧です。 CRITEO(Criteo…

広告運用担当なら覚えておきたい!広告審査落ちのよくある事例

リスティング広告を担当していると、広告が審査に通らない。配信していた広告が審査に落ちて止まってしまった!と、悩んだことありませんか? 制作した広告文やバナー、LP(リンク先ページ)が審査に落ちて配信できない!媒体やクリエ…

【初心者向け】広告運用担当者が押えておきたい広告文作成のコツ!

こんにちは、リスティングの運用担当をしておりますT中です。今回は初投稿ということもあり、気合を入れて記事を書きましたので、ぜひ、一読して頂ければ幸いです。 広告文の作成を始める際に、「さあ、書くぞ!」と意気込んで、いきな…