スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

Google検索を便利にする検索演算子の使い方

CK0I9A9050_TP_V

Googleで検索する際に「検索演算子」と言われる記号や単語を使用して、より効率よく検索する方法があります。

今回はその検索演算子と使い方をご紹介します。

代表的な検索演算子

完全一致の単語・語句を検索する「””」

単語や語句、文章を引用符「”」で囲むことで完全一致を検索することができます。

完全一致と言うとわかりにくいかもしれませんが、「”」で囲まれた語句や文章が必ず含まれているものを検索します。

表記ゆれや同義語などは含まれません。

検索から語句を除外する「-」

キーワードの直前に「-」を付けると、そのキーワードを含むページは検索結果から除外されます。

複数指定することができ、例えば

「脱毛 -エステ -サロン」

とすると、検索結果には「サロン」と「エステ」が含まれるページが表示されなくなりますので、エステではなくクリニック関連のページが主に表示されます。
(サロンやエステという語句が入っていない脱毛サロンのページがあれば表示されます。)

複数のキーワードのいずれかを検索する「OR」

キーワードの間に「OR」を入れることで、各キーワードのどちらかが含まれているページが表示されます。

あいまい検索「*」

検索キーワード内に「*」を置いてワイルドカード検索となり、「*」に任意の語句が割り当てられて検索されます。

検索したい語句の一部を忘れた時などに有効です。

特定のサイトを検索する「site:」

「site:」の後にドメインを入力することでドメイン内のページが表示されます。
ルートドメインならば、サブドメインも含むページ、サブドメインを指定したらサブドメイン内のページが表示されます。
サブディレクトリまでを指定すればサブディレクトリ以下のページが表示されますし、単一のURLを指定することも可能です。

01_03

Googleにインデックスされているページしか表示されませんので、サイト内のページがざっくりどのくらいインデックスされているか知ることが可能です。

search_site01

単一のURLを指定するケースは、このようにインデックスされているかどうかを調べる時ぐらいでしょうか。

検索キーワードと組み合わせてサイト内検索を行うことができます。

search_site02

指定したページのキャッシュを表示する「cache:」

「cache:URL」で指定したページのgoogleでキャシュされたバージョンを表示します。

webcache

「filetype:」で特定のファイル形式(拡張子)を検索

「filetype:」の後にpdfやxlsxなどの拡張子を指定することで、該当の拡張子が含まれるものを検索します。

SEO filetype_doc

特定のキーワードを含むタイトルを検索する「intitle:」

「intitle:A」と入力することでAがタイトルに含まれるページを検索します。
SEO対策を行っている場合、「site:」と組み合わせて、特定のサイト内のページの中で、対策キーワードがタイトルに含まれてるものを絞り込むことができます。

intitle

特定のキーワードが本文に含まれているページを検索する「intext:」

「intitle:」はタイトルでしたが、こちらはhtml内の本文に指定したキーワードが含まれているページを検索します。

URLに指定した文字列が含まれているページを検索する「inurl:」

urlに指定した文字列が含まれるページを検索します。
日本語urlも検索できます。

inurl_

いろいろ組み合わせて使ってみよう

上記の「site:」と「intitle」のように検索演算子は組み合わせて便利に使えます。

是非いろいろ試してみてください。

関連記事

Google医療や健康に関連する検索結果の改善アップデートを実施

Googleから、自然検索結果に表示順位について、医療や健康に関するアルゴリズムのアップデートがありました。要約すると下記の通りになります。 1、「例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高…

GoogleAnalyticsの「not provided」と「not set」とは?

特に最近、クライアントの担当者様に聞かれる質問に「『not provided』と『not set』ってどういう意味?」というものがあります。 「not provided」は、Google及びYahoo!の検索結果がSSL…

Google「テストマイサイト」

GoogleのWEBサイト無料診断ツール「テストマイサイト」がリリースされました。 https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp URLを入力すれば、読み込み速度や推定の離脱率…

Google Search Consoleの計測方法の変更

特にSEOで使用するSearch Consoleのインプレッション数の計測方法が変更になりました。 今までは、オーガニックの下位で表示されているキーワードの表示回数については、詳細にカウントされていませんでしたが、変更後…

スマホサイトの読み込み速度をざっくり検証!

今月に入ってモバイルフレンドリーアップデートの強化が行われ、新しいモバイルフレンドリーテストツールがリリースされるなど、モバイルサイト(スマートホンサイト)に関する話題が尽きません。 そこで今回はスマートホンサイトの読み…