スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

iOS11 safariのITS対応(Google AdWords)

2017年10月に適用されたiOSのブラウザSafariでのサードパーティーCookie制限に対応した、Google AdWordsのコンバージョンタグの発行について記載します。

まず、対応したコンバージョンタグについては、新しい管理画面でのみ発行できます。

1、ログイン後、右上の赤枠のアイコンをクリックします。

jpeg18011501

2、表示された一覧のうち、「測定」→「コンバージョン」をクリックします。

jpeg18011502

3、案内に従って必須項目を記入すると、「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペット」の2種類のタグが表示されます。2種類のタグをThanksページのの間に挿入すればコンバージョン計測ができるようになります。

旧タグと異なり、コンバージョン計測タグが2種類あり、両方を挿入しなければいけないことが注意点になります。

※リマーケティングタグについては、今までと同様です。特に変更点はありません。

関連記事

≪初心者向け≫主要3ASPの管理画面の違いを比較!

このブログを見ている方の中には、クライアントとASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の間に立つ代理店も少なくないのでは? ということで、まだ管理画面に慣れてない方向けに、主要3ASPの特徴をまとめました! レポート提…

Googleショッピング広告

今回は、Googleショッピング広告の紹介です。 赤枠に表示されているのがショッピング広告です。 メリットとしては、 1、スマホでは、リスティング広告枠(青枠)の上に画像付きで表示されるため、CTRが高くなる傾向にありま…

iOS11 safariのITS対応

iOS(iPhone)のデフォルトのブラウザsafariでサードパーティーCookieの保存期間が24時間に制限される仕様になりました(ITS1i)。※Safari11.0からは、デフォルトで制限する機能がオンになりまし…

リスティング広告の効果を最大化。除外キーワード活用!

はじめまして、運用型広告担当の橋本です。 広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブなどを、適宜変動しながら広告効果を最適化する、リスティング広告やDSPなどの運用型広告を中心に、クライアントの課題解決に日々取り組んでお…

リターゲティング広告のデータフィード設計

YDNでもリターゲティングリストを他のアカウントでも使用できるようになりました。 GDNやFacebook広告では既に実装されていますが、ついにYahoo!でも可能になりました。 「サイトにアクセスしたユーザに配信する」…