スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。
当社にもご相談が増えております。

そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。

まず、主要なメニュー一覧です。

CRITEO(Criteo ダイナミックリターゲティング広告)
https://www.criteo.com/jp/for-marketers/products/criteo-dynamic-retargeting/

Facebook(ダイナミッククリエイティブ)
https://www.facebook.com/business/help/1598907360340114

Google(GDR)
https://support.google.com/adwords/answer/3103357?hl=ja#place_tag

KANADE(パーソナライズ リターゲティング)
http://www.kccs.co.jp/kanade/dsp/menu.html

ロジカド(ダイナミッククリエイティブ)
http://www.logicad.com/

【設定】
次に、ダイナミックリターゲティングを実施する際の最大のハードルがフィードの設計・運用になります。

フィードフォース社
https://dfplus.feedforce.jp/

コマースリンク社
https://www.commercelink.co.jp/dfo

上記のようなフィード設計ツールを使用するのが理想的です。例外がありますが、運用(売り切れた場合など)も自動的に反映されるからです。

ただ、費用的な面などがネックになる場合には、Google(GDR)のマーチャントセンターで作成・登録し、その他のメニューに横展開するのが効率的です。
マーチャントセンターのフィードの仕様が各メニューのフィード広告設計と共通部分が多く、カスタマイズしやすいためです。

【運用】
ダイナミックリターゲティング広告の運用で最も重要なのは、「各メニューに精度の高いデータを送って最適化しやすくする」ことです。

あまり細かく分けすぎると最適化機能が低下しますが、例えば、リーセンシー設定(サイトにアクセスしてから〇〇日以内のユーザに配信など)、曜日・時間、性別などでキャンペーン、広告グループを分けて、属性ごとの実績データを各メニューの最適化エンジンに提供することが重要になります。

また、コンバージョンデータをなるべく一定の頻度で提供することも重要です。単価が高く、CVが多く発生しない場合には、マイクロコンバージョン(例えば、フォーム到達でコンバージョンとするなど)を設定して、重みづけを軽くすることでより精度の高いデータを提供することができます。

関連記事

Google Optimize

Googleオプティマイズを積極的に使用する広告主が増えてきました。 そこで、今回のテーマは、Googleオプティマイズの導入フローです。 まず、アカウント発行まで下記の手続きが必要です。 1、アカウント登録 https…

リスティング広告の基礎(指標の覚え方)

インターネット広告の勉強をする際まず初めに躓くのが、知識習得だと思います。CPCやCTR、CPA、思わず「日本語を喋れ」と言いたくなるような表記ばかりです。頭がパンクしかけそうになっても、あきらめないでください。上記のよ…

≪初心者向け≫主要3ASPの管理画面の違いを比較!

このブログを見ている方の中には、クライアントとASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の間に立つ代理店も少なくないのでは? ということで、まだ管理画面に慣れてない方向けに、主要3ASPの特徴をまとめました! レポート提…

【新卒研修向け】パソコン超初心者でもわかるインターネット用語

文系採用を行っている会社であれば、全くインターネット知識のない新卒もいますよね。ある程度分かっている場合でも、かみ砕いて説明できなければ”先方から聞かれたときに答えられない!”なんてことにも繋がり…

GoogleAnalyticsの「not provided」と「not set」とは?

特に最近、クライアントの担当者様に聞かれる質問に「『not provided』と『not set』ってどういう意味?」というものがあります。 「not provided」は、Google及びYahoo!の検索結果がSSL…