スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

iOS11 safariのITS対応

iOS(iPhone)のデフォルトのブラウザsafariでサードパーティーCookieの保存期間が24時間に制限される仕様になりました(ITS1i)。※Safari11.0からは、デフォルトで制限する機能がオンになりました。

【1】
ITPの影響については、iOS(iPhone)のSafari経由でのアクセスで以下の2点の問題が起きます。

1.リターゲティングが制限される。
2.訪問して24時間経過後のCVが計測できない。

なお、PCのでのブラウザ比率ではSafariが約5%ですが、SPでは66%を占めるため影響が大きいといえます。
参考URL:https://lab.syncer.jp/Statistic/Browser/

【2】
各広告媒体の対応については、下記の通りです。

(1)GoogleAdWords(GDN含む)
1、既存のアカウントについては、ファーストパーティーCookieを使用しているGoogleAnalyticsとアカウントを紐づけることで、上記の問題は解決できます。

2、新規のアカウントについては、リニューアルした新しい管理画面からITSに対応したタグを発行できます。(1)挿入位置が内になっている、(2)旧管理画面からは発行できないなどの注意が必要ですが、新規のアカウントであれば、こちらの対応をお勧めします。

(2)Yahoo!プロモーション広告(YDN含む)
特に、対応済みなどのリリースはありません(2017年10月16日現在)。今後、上記、GoogleAdWordsのように何らかの仕様変更をしてくるものと想定されます。

関連記事

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。 当社にもご相談が増えております。 そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。 まず、主要なメニュー一覧です。 CRITEO(Criteo…

Googleショッピング広告

今回は、Googleショッピング広告の紹介です。 赤枠に表示されているのがショッピング広告です。 メリットとしては、 1、スマホでは、リスティング広告枠(青枠)の上に画像付きで表示されるため、CTRが高くなる傾向にありま…

リスティング広告の効果を最大化。除外キーワード活用!

はじめまして、運用型広告担当の橋本です。 広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブなどを、適宜変動しながら広告効果を最適化する、リスティング広告やDSPなどの運用型広告を中心に、クライアントの課題解決に日々取り組んでお…

広告運用担当なら覚えておきたい!広告審査落ちのよくある事例 (LP編)

リスティング広告を担当していると、広告が審査に通らない。配信していた広告が審査に落ちて止まってしまった!と、悩んだことありませんか? 制作した広告文やバナー、LP(リンク先ページ)が審査に落ちて配信できない!媒体やクリエ…

GoogleAnalyticsの「not provided」と「not set」とは?

特に最近、クライアントの担当者様に聞かれる質問に「『not provided』と『not set』ってどういう意味?」というものがあります。 「not provided」は、Google及びYahoo!の検索結果がSSL…