スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

リターゲティング広告のデータフィード設計

170615

YDNでもリターゲティングリストを他のアカウントでも使用できるようになりました。
GDNやFacebook広告では既に実装されていますが、ついにYahoo!でも可能になりました。

「サイトにアクセスしたユーザに配信する」という設定だけでは、以前ほど効果を上げにくくなっていることが背景としてあげられます。

例えば、総合サイトのTOPページにアクセスしたユーザと個別の商品のみを掲載しているランディングページにアクセスしたユーザとでは購入に対する意向やニーズが全く異なるのに、「マークを増やしたいから」という理由で両者を区別せず、同じリターゲティングリストで運用してしまうと費用対効果が合わなくなります。

アクセスしたページ、検索キーワードなどで細かくリターゲティングリストを使い分けて運用して、成果を上げたリストを類似拡張していくという運用してマーク数を増やし、CVの最大化を目指すという運用方法が特に通販サイトでは重要になってきています。

関連記事

【新卒研修向け】パソコン超初心者でもわかるインターネット用語

文系採用を行っている会社であれば、全くインターネット知識のない新卒もいますよね。ある程度分かっている場合でも、かみ砕いて説明できなければ”先方から聞かれたときに答えられない!”なんてことにも繋がり…

iOS11 safariのITS対応(Google AdWords)

2017年10月に適用されたiOSのブラウザSafariでのサードパーティーCookie制限に対応した、Google AdWordsのコンバージョンタグの発行について記載します。 まず、対応したコンバージョンタグについて…

iOS11 safariのITS対応

iOS(iPhone)のデフォルトのブラウザsafariでサードパーティーCookieの保存期間が24時間に制限される仕様になりました(ITS1i)。※Safari11.0からは、デフォルトで制限する機能がオンになりまし…

リスティング広告の基礎(指標の覚え方)

インターネット広告の勉強をする際まず初めに躓くのが、知識習得だと思います。CPCやCTR、CPA、思わず「日本語を喋れ」と言いたくなるような表記ばかりです。頭がパンクしかけそうになっても、あきらめないでください。上記のよ…

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。 当社にもご相談が増えております。 そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。 まず、主要なメニュー一覧です。 CRITEO(Criteo…