スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

リターゲティング広告のデータフィード設計

170615

YDNでもリターゲティングリストを他のアカウントでも使用できるようになりました。
GDNやFacebook広告では既に実装されていますが、ついにYahoo!でも可能になりました。

「サイトにアクセスしたユーザに配信する」という設定だけでは、以前ほど効果を上げにくくなっていることが背景としてあげられます。

例えば、総合サイトのTOPページにアクセスしたユーザと個別の商品のみを掲載しているランディングページにアクセスしたユーザとでは購入に対する意向やニーズが全く異なるのに、「マークを増やしたいから」という理由で両者を区別せず、同じリターゲティングリストで運用してしまうと費用対効果が合わなくなります。

アクセスしたページ、検索キーワードなどで細かくリターゲティングリストを使い分けて運用して、成果を上げたリストを類似拡張していくという運用してマーク数を増やし、CVの最大化を目指すという運用方法が特に通販サイトでは重要になってきています。

関連記事

【初心者向け】広告運用担当者が押えておきたい広告文作成のコツ!

こんにちは、リスティングの運用担当をしておりますT中です。今回は初投稿ということもあり、気合を入れて記事を書きましたので、ぜひ、一読して頂ければ幸いです。 広告文の作成を始める際に、「さあ、書くぞ!」と意気込んで、いきな…

コールアウト表示オプションとテキスト補足オプションでCTR大幅UP!

「あーどうしよう~、文字数オーバーだぁ」リスティング運用担当の方なら広告文を作る際にこの苦しみを何度も味わったことがあるかと思います。商材の特徴をもっと入れたいが限られた文字数では中々実現できません。そのような時にとても…

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティング広告が再び熱くなっています。 当社にもご相談が増えております。 そこで、今回は、ダイナミックリターゲティングを整理したいと思います。 まず、主要なメニュー一覧です。 CRITEO(Criteo…

Googleショッピング広告

今回は、Googleショッピング広告の紹介です。 赤枠に表示されているのがショッピング広告です。 メリットとしては、 1、スマホでは、リスティング広告枠(青枠)の上に画像付きで表示されるため、CTRが高くなる傾向にありま…

≪初心者向け≫主要3ASPの管理画面の違いを比較!

このブログを見ている方の中には、クライアントとASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の間に立つ代理店も少なくないのでは? ということで、まだ管理画面に慣れてない方向けに、主要3ASPの特徴をまとめました! レポート提…