スタッフブログ/デジタルマーケティングエージェンシー/コミクス

リターゲティング広告のデータフィード設計

170615

YDNでもリターゲティングリストを他のアカウントでも使用できるようになりました。
GDNやFacebook広告では既に実装されていますが、ついにYahoo!でも可能になりました。

「サイトにアクセスしたユーザに配信する」という設定だけでは、以前ほど効果を上げにくくなっていることが背景としてあげられます。

例えば、総合サイトのTOPページにアクセスしたユーザと個別の商品のみを掲載しているランディングページにアクセスしたユーザとでは購入に対する意向やニーズが全く異なるのに、「マークを増やしたいから」という理由で両者を区別せず、同じリターゲティングリストで運用してしまうと費用対効果が合わなくなります。

アクセスしたページ、検索キーワードなどで細かくリターゲティングリストを使い分けて運用して、成果を上げたリストを類似拡張していくという運用してマーク数を増やし、CVの最大化を目指すという運用方法が特に通販サイトでは重要になってきています。

関連記事

【新卒研修向け】パソコン超初心者でもわかるインターネット用語

文系採用を行っている会社であれば、全くインターネット知識のない新卒もいますよね。ある程度分かっている場合でも、かみ砕いて説明できなければ”先方から聞かれたときに答えられない!”なんてことにも繋がり…

【リマーケティングのCV数を最大化!】低コストでクリック数を増やせるメニューを紹介

こんにちは、リスティングの運用担当をしておりますT中です。 検索連動型広告、リマーケティングで順調にコンバージョンも取れてCPAも改善された。次はディスプレイのメニューを増やして獲得数を伸ばそう!1週間後、2週間後..C…

リスティング広告の効果を最大化。除外キーワード活用!

はじめまして、運用型広告担当の橋本です。 広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブなどを、適宜変動しながら広告効果を最適化する、リスティング広告やDSPなどの運用型広告を中心に、クライアントの課題解決に日々取り組んでお…

iOS11 safariのITS対応(Google AdWords)

2017年10月に適用されたiOSのブラウザSafariでのサードパーティーCookie制限に対応した、Google AdWordsのコンバージョンタグの発行について記載します。 まず、対応したコンバージョンタグについて…

コールアウト表示オプションとテキスト補足オプションでCTR大幅UP!

「あーどうしよう~、文字数オーバーだぁ」リスティング運用担当の方なら広告文を作る際にこの苦しみを何度も味わったことがあるかと思います。商材の特徴をもっと入れたいが限られた文字数では中々実現できません。そのような時にとても…