テレビCM

テレビCMは目的に合わせて様々な使い方ができます。

テレビCMの媒体攻略上の利点は、年齢層や性別に関わらず、どのような層にも原則的にカバーできる事です。訴求する時間帯を生活パターンに合わせることで、ターゲットをセグメント(細分化)できます。出稿時期を短期間に集中して広告投下できるので、早期の広告認知獲得が可能となります。また、新製品の導入や一気にキャンペーンの認知を形成したい場合にも適している訴求手段です。

日本全国を対象にした広域の訴求に適していますが、関東・関西を除けば、都道府県単位で出稿できるため、実はエリア対応にも適したメディアです。放送局が全国ネットワーク化した番組提供を活用すれば、全国にわたって効率的に訴求する事も可能です。

テレビCMは番組を提供している広告主(スポンサー)が番組の間に流す「タイム」、番組と番組の間に流れるスポットの2種類に分けられます。タイムは30秒CMが基本で、番組の開始時と終了時に広告主が提供テロップで告知されるのに対し、スポットは15秒CMが基本です。ちなみにタイムとスポットの買い付けは別に行われます。

タイムの場合は番組編成が変わる1月、4月、7月、10月に合わせた3か月を1クールとして、2クール(6か月)を基本単位として購入します。番組によって、全国ネットと呼ばれるネットワークを通じて全国に出稿できる提供枠と、1つの局だけに提供できるローカル番組の提供枠とがあります。

スポットは番組と番組の間のステーションブレーク(SB:ステブレ)を中心に、番組内に設けられたスポットの時間帯(PT:パーティシペイティング)を加えてオンエアされます。買付けの際には出稿したい期間と予算を設定した「絵柄」と呼ばれるパターンを指定して購入を申し込むのが通例です。

お問い合わせはこちら

ラジオCM

ラジオCMは生活に密着したメディアである

ラジオは生活に密着している媒体です。音だけのメディアという特徴から、何かをしながら聴くという「ながら聴取」が基本であり、消費者の生活行動に密着しています。

特に、平日の通勤時、外回りの営業、休日のドライバーやレジャーなど、車の運転とは強い関連性があるメディアです。また、自営業の方や小規模のオフィスの方が仕事中に流したり、主婦や高齢者、勉強中の中高生に聴かれていたりするなど、特徴のある聴取者層が存在し、彼らが毎日、繰り返しラジオを聴いているというメディア特性があります。

最近では、リスナーとパーソナルな関係を結ぼうという戦略を打ち出し、生ワイド編成を重視し、FAXやインターネットなどを通した双方向性を意識して、リスナーの反応を取り込んだ番組作りをしている傾向が顕著です。また、パーソナリティによる語りかけはリスナーとの絆を深めるラジオ特有の常套手段となっております。

音だけのメディアという特徴を生かして想像力を刺激するという点でも、ラジオは優れた媒体特性を有しております。

購買直前に広告に接触すると行動の影響が大きい「リーセンシー効果」が期待でき、運転中にラジオCMを聴くと購買に繋がる、という点で活用する企業も多いのも面白い傾向です。

ラジオは媒体の規模としてはコンパクトで、全体のコストを低く抑えて使えるという特徴があります。広告主に対しても協力的で柔軟性があり、機動性に富んでいるのも大きな利点であり、広告主のニーズに応じて様々な活用法を提案する事が可能です。

お問い合わせはこちら

新聞広告

社会的信頼性の高い新聞広告

新聞広告には、社会的信頼性の高い新聞ならではの信頼感や、定期購読者が多く読者数に大きな変動がないことによる安定性などがございます。

その他にも印刷物なので保存ができる点や、新聞報道への信頼感が広告にも説得性を与える点などが挙げられます。

以下に、日経新聞料金表サンプルを示します。契約料金は掲載面・期間により異なります。

お問い合わせはこちら

雑誌広告

雑誌広告は、ターゲットを絞り込みやすい効果的な宣伝手段

雑誌広告は、他の4マス媒体に比べて、ターゲットになる人の種類を絞りやすいといえます。読者の年齢・性別・職業・趣味・ライフスタイルなどが共通していることが多く、メッセージを伝えたい対象がはっきりしている場合、ターゲットを絞った効果的な広告を行える雑誌広告は、非常に効果のある宣伝手段だといえます。

また、雑誌はメディア広告のなかでも、商品情報を詳しく知ることのできるものであり、テレビや新聞広告が一過性の高いものであるのに対して、雑誌は回読性や保存性が高いともいえます。

お問い合わせはこちら