お問い合わせ

BLOGブログ

2021.09.10

SEOの外部対策は重要?内部対策、コンテンツSEOとの違いや注意点を解説!

SEOの外部対策は重要?内部対策、コンテンツSEOとの違いや注意点を解説!

SEOに取り組む方は、「外部対策」という言葉を必ず耳にしたことがあるでしょう。
一昔前までは外部対策でサイトを上位表示させることができましたが、今は小手先のテクニックは通用しません。

さらに言うと、昔のブラックハット的なやり方で外部対策を行うとペナルティの対象になることも。Googleからペナルティを受けないために、今回は正しい被リンクの獲得方法についてご紹介します。

SEOの外部対策とは

SEO対策は、大きく分けて「内部対策」、「外部対策」、「コンテンツSEO」の3種類があります。このうち、外部対策は外部リンクを獲得するための施策です。

外部リンクが多いほどGoogleから評価されますが、「低品質なサテライトサイトを量産して外部リンクを得る」、「業者から外部リンクを購入する」などの手法で外部リンクを取得する人が増えたため、ブラックハット的なやり方ではGoogleから評価されなくなりました。それどころか、今では外部リンクの獲得方法が悪質だと判断されたらペナルティ対象となることも。

Googleから「ユーザーに役立つサイト・コンテンツである」と評価されるためには、質の高い外部リンクを多く獲得することが必要になりました。

内部対策との違い

内部対策とは、サイト内部の構造や内部リンク、ソースコードの最適化など、サイトの内部を整備する施策のこと。サイトの内部を改善することで、検索エンジンやユーザーにとって分かりやすいサイトにしていきます。

どちらかというと、内部対策はSEO的な評価を得るというものではなく、サイトのマイナスとなっている要素を修正するという意味合いをもちます。

その為、内部対策によって大幅に検索順位が向上するケースは少ないですが、「サイトの土台づくり」といった点で、内部対策はSEOに必要不可欠なものと言えます。

コンテンツSEOとの違い

コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを継続的に作成・発信することで、検索エンジンからの流入を増やす施策です。
Googleはユーザーにとって有益なコンテンツを評価しますので、ユーザーの疑問や悩みを解消できるコンテンツを作り、集客に繋げることが大切です。

従来は外部SEO対策だけでもサイトへの流入を増やすことができていたのですが、今は検索エンジンのアルゴリズムが進化して、小手先のテクニックだけではSEO効果が期待できなくなりました。

Googleはコンテンツの「質」を重視する傾向が強くなってきたので、SEOに取り組むうえで、コンテンツSEO対策は非常に重要なものとなりました。

関連記事:BtoBで効果を出すSEOコンテンツの作成方法

外部リンクの重要性について

Googleは外部リンクを「第三者が評価しているページだから、ユーザーにとって有益な情報が掲載されている」という判断材料にします。

しかし、すべての外部リンクが評価されるわけではありません。
「外部リンクの数が多い」、「高品質なサイトからの被リンク」など、外部リンクの「量」と「質」が重視されます。前述した通り、ブラックハット的な手法で獲得した外部リンクは評価されないどころかペナルティ対象になり得るので注意が必要です。

実際にGoogleは、サイトを評価するにあたり外部リンクをひとつの基準にしていると述べています。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

引用:「Google が掲げる 10 の事実

また、外部リンクが貼られていることで、自社サイトをクローラーが発見しやすくなることも、外部リンクが重要な理由のひとつです。

クローラーとは、インターネット上を巡回してWEBサイトや画像、動画などのあらゆるデータを取得するプログラムのことです。
クローラーはリンクからリンクへと移動するため、外部リンクが多く貼られているほど自社サイトをクローラーが巡回してくれるようになります。

検索エンジンのクローラーについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:SEOに大きく関係するクローラーとは?クローラビリティを向上させる方法も解説します

外部リンクの獲得方法

高品質なコンテンツをつくる

外部リンクを獲得するには、高品質なコンテンツを継続的に作ることが必須です。
質の高いコンテンツであれば、ユーザーに「リンクを貼って他の人にオススメしよう」、「このサイトを参考にしたことをリンクで示しておこう」などと思われやすくなります。

また、高品質なコンテンツは検索上位に表示される可能性が高いため、サイトを訪問するユーザーも増えて外部リンクを設置してもらえる可能性がより高まります。
良質なコンテンツを継続的に作成・発信していけばサイトのドメインパワーも高まり、より上位表示を狙いやすくなるでしょう。

関連記事:ドメインパワーとは?チェック方法と強化方法を紹介します!

SNSで拡散しやすくする

より多くのユーザーにコンテンツを見てもらうためには、TwitterやFacebookなどのSNSで拡散しやすいサイト設計にすることが重要です。

SNSに貼られたリンクはnofollow属性が付与されているため、SEOの評価にはなりません。SNSの外部リンクはSEO効果が見込めませんが、「サイテーション」は獲得できます。
サイテーションとは他サイトやSNS上で企業名やサイト名、ブランド名などを書かれることです。Googleから正式発表されてはいませんが、オーガニック検索のSEOにもサイテーションが影響すると考えられています。

関連記事:サイテーションとは?SEO効果や獲得方法について紹介します!

企業名やサイトのURLなどがSNSで拡散されたら、サイトへの流入数がアップするため、結果としてブログやコーポレートサイトに外部リンクを貼ってもらえる可能性が高まります。なお、SNSからの流入を狙う観点でいうと、自社アカウントを作成してコンテンツなどを発信することも大切です。

コンテンツを作る時には、SNSで拡散しやすいサイト設計にすることが重要です。
ユーザーがコンテンツを有益だと判断して「他の人にもシェアしたい」と思っても、簡単にシェアできないUI設計になっていると、SNSでシェアされる確率は激減します。

分かりやすい場所にソーシャルボタンを設置するなど、ユーザーがコンテンツをSNSですぐにシェアできるようなサイト設計にしましょう。

外部リンクを意図的に作るのは基本的にNG

外部対策は、優良なコンテンツを作ることで自然に外部リンクを獲得するのが鉄則です。

サイトの評価をあげたいからと「業者から外部リンクを大量に購入する」、「リンクプログラム(過剰なリンク交換や相互リンクを主な目的としたパートナーページを作成する行為)で外部リンクを獲得する」などの人工的な外部リンクはNGです。

関連記事:サテライトサイトとは?今でもSEO効果があるか解説します!

参考:Google検索セントラル「リンクプログラム

前述した通り、昔は人工リンクによってサイトが上位表示できていましたが、Googleは「ペンギンアップデート」によってスパム的なリンクへの対処を行っており、人工リンクを集めているサイトの評価は落ちるようになりました。現在、Googleは人工リンクを無視するようになったため、SEO効果は得られなくなくなっています。

意図的に外部リンクを作らないことは前提ですが、時にはサイト管理者の意図しない被リンクを受けることがあります。質の悪い被リンクはサイトにマイナスな影響を受けますので、リンク元のサイト管理者に削除依頼をしたり、リンク否認ツールを使ったりして対応することが大切です。

関連記事:リンク否認ツールがリニューアル!正しい使い方や効果を紹介

外部リンクのチェックツール

Google Search Console【無料】


URL:https://search.google.com/search-console/about

Google Search Consoleは、Googleが無料で提供しているサイトのアクセス解析ツールです。左メニューの「リンク」をクリックすると、どのようなサイトから被リンクが貼られているかを確認することができます。

Majestic SEO【一部無料】


URL: https://ja.majestic.com/

Majestic SEOは、URLを入力するだけで外部リンクなどのデータを確認することができるツールです。全ての機能を使うには有料となりますが、無料でも一部機能が利用可能となっています。

Moz【一部無料】


URL: https://moz.com/link-explorer

Mozはアメリカ企業が提供するSEOツールで、海外のSEOツールのなかで認知度が高く、信頼が寄せられています。無料アカウント登録をすれば、被リンク数やドメインパワーなどを測定する「Link Explorer」などの一部機能を利用できます。

ahrefs【有料】


URL: https://ahrefs.com/site-explorer

ahrefsはサイトの外部リンク獲得状況などを確認できる有料ツールです。
被リンクが貼られているサイトや、期間別に被リンクをチェックすることもできますので、新たに増えた被リンクの確認にも非常に便利です。

まとめ

SEOに効果のある外部対策ですが、意図的に外部リンクをつくるなどブラックハット的な手法はサイトにマイナスな影響を与えます。

外部対策において最も重要なことは、コンテンツ制作です。
良質なコンテンツの作成・発信は上位表示に繋がりますし、外部リンクも獲得しやすくなり、さらに上位表示を後押しします。

SEOで自社サイトを上位表示させたい方は、まず競合に負けないようなオリジナリティのある優良コンテンツ制作に注力することをオススメします。

キーワード選定からペルソナ設定、ライティング方法までのコンテンツSEOノウハウは、以下のホワイトペーパーをダウンロードしてご確認ください。

検索順位を左右するGoogleの検索アルゴリズムは、コンテンツの「質」を重視する傾向が強くなってきました。

キーワード選定から構成、ライティング方法を習得し、Googleに評価されるコンテンツを作りましょう。

流入数900%アップの実績もある弊社のコンテンツ作成ノウハウを、無料でご提供します。

無料で資料をダウンロード

最近の記事