お問い合わせ

BLOGブログ

2020.09.18

サテライトサイトとは?今でもSEO効果があるか解説します!


サテライトサイトはSEO対策のひとつですが、使い方によってはペナルティを受けて本サイトの評価が下がることもあります。
サテライトサイトを量産して被リンクを増やせば簡単に本サイトが上位表示される時代もありましたが、今でもサテライトサイトはSEO対策に効果的なのでしょうか?

今回はサテライトサイトの概要や効果、作成時のポイントなどをご紹介していきます。

サテライトサイトとは?

サテライトサイトとは、本サイトのSEO対策や、新たなユーザー層を獲得することを目的に本サイトとは別に立ち上げたサイトのことです。

SEO対策は大きく分けると「内部対策」と「外部対策」の2つがあり、サテライトサイトの制作は外部対策にあたります。

※内部対策とは本サイトを修正すること(内部で行う対策)、外部対策は本サイトとは別のサイトから本サイトへのリンクを獲得すること(外部対で行う対策)です。

サテライトサイトの目的

本サイトの被リンクを増やし、評価を上げる


本サイトとは別のドメインでサテライトサイトを立ち上げ、本サイトへの被リンクを設置することで本サイトの評価を上げる目的があります。

以前のGoogleアルゴリズムでは、更新されずユーザーの役に立たないような品質が悪いサイトでも、被リンクが多ければ評価が高くなり上位表示されていました。かつては、被リンク数を増加させることだけを目的にした低品質なサテライトサイトが数多く存在していたのです。

しかし、このようなサテライトサイトはユーザーにとって良いサイトとは言えません。
そこでGoogleはリンクの品質を評価する「ペンギンアップデート」を実装し、低品質なサイトからの被リンクを集めているサイトの評価を落とすようにしました。

新たなユーザー層の獲得

SEO対策では、1サイト1テーマが基本となりますので、本サイトでは特定のユーザーにしかアプローチできません。

本サイトとは異なるユーザー層を獲得するには、サテライトサイトが有効です。
本サイトに関連するテーマでサテライトを作成して本サイトのリンクを設置することで、サテライトサイトを訪れたユーザー層を本サイトに流入させることも可能となります。

例えば、コーポレートサイトで記事コンテンツを実装することが難しい場合には、本サイトのテーマと関連する記事コンテンツをまとめたサテライトサイトを立ち上げると良いでしょう。

効果的なサテライトサイトを作るには?

独自ドメインを使用する

被リンクとは、外部サイトから本サイトへ貼るリンクのことです。
したがって、本サイトと同じドメインを使用しても本サイトのコンテンツとして扱われるため、被リンクの効果が得られません。
サテライトサイトを立ち上げる際には本サイトとは別のドメインを新しく取得しましょう。

また、IPアドレスも本サイトと同じものではSEO対策にならないため、クラスC以上で分散させてください。
IPアドレスは「111.222.333.444」などと4つに区切られていますが、前半3つ(111.222.333)が同じものは同じサーバーからのアクセスとなりますので、前半3つが異なるIPアドレスを使用しましょう。

本サイトと関連するテーマにする

どんなに高品質なサテライトサイトを作ったとしても、本サイトとまったく関連性がないテーマでは被リンクの評価は低く、SEO的な効果は薄くなってしまいます。
Googleはユーザーの利便性を第一に考えているため、関連性が高いリンクが評価されるのです。

例えば、ペットショップが運営する本サイトに対しては、犬の飼い方や猫の飼い方など、本サイトに関連するテーマのサテライトサイトを立ち上げると良いでしょう。

ユーザーに役立つ「高品質なサイト」にする

ペンギンアップデートが実装されてからは、被リンクの設置だけを目的にした低品質なサイトはGoogleからペナルティを受け、本サイト、サテライトサイトともに順位を下げられるようになりました。

いまサテライトサイトを使ってSEO対策をするのであれば、ユーザーに役立つサイトを作ることが重要です。
ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作ったり、定期的に更新したりしてサテライトサイトも上位表示させる意識をもちましょう。

サテライトサイトの評価が高いほど本サイトへの流入数は増えますし、被リンクの評価も上がって本サイトのSEO効果が期待できます。

サテライトサイトはSEO対策に効果的?

昔のように被リンク目的で作るサテライトサイトはSEO効果が期待できませんが、高品質なサテライトサイトは今でもSEO対策に効果的なのでしょうか?

様々な意見がありますが、外部対策を目的にするというよりは、本サイトとテーマや役割が異なる場合はサテライトサイトを立ち上げることをオススメします。
高品質のサテライトを1つ作っても目に見えて効果が表れることは稀ですが、サテライトサイトが上位表示されたら本サイトへの流入数が増加し、副産物として被リンクの効果も期待できます。

このようにサテライトサイトは本サイトのSEO対策となりますが、自社で制作する場合には人件費や運用費がかかりますし、知識やノウハウがなければ適切なSEO対策をするのは困難です。

また、SEO対策は内部対策、外部対策の両方が必要となりますので、SEO対策サービスやSEO対策会社の利用も検討した方が良いケースもあります。

検索順位を左右するGoogleの検索アルゴリズムは、コンテンツの「質」を重視する傾向が強くなってきました。

キーワード選定から構成、ライティング方法を習得し、Googleに評価されるコンテンツを作りましょう。

流入数900%アップの実績もある弊社のコンテンツ作成ノウハウを、無料でご提供します。

無料で資料をダウンロード

最近の記事